2016/07/15名古屋

皆さんこんにちは。名古屋の植田です。

今回は、名古屋支店のオフィスがある三井ビルで行われている
「消防・・防災・避難訓練」の様子をお伝えしようと思います。
三井ビルでは定期的に訓練が行われますが、このビルのオフィス内で
就業されている派遣スタッフのみなさんにも訓練に参加頂いています。

地震や火災を想定して訓練は行われますが、普段使用しているエレベーターは
使用できない状況設定の中、ヘルメットを着用し、非常階段を使って
各フロアーからグルグルと1階に降りていきます。
名古屋支店は13階にオフィスがあるため、かなりの段数を降りる事になり、
1階にたどり着く頃には、あぁ、明日は足が筋肉痛になるかも…
という感じです。(単なる運動不足と言う噂もありますが…)
 

訓練なので、皆さん冷静に階段を下りていきますが、
これが本当の火災や地震だったらどうなるだろう、
皆、こんなに冷静に慌てることなく避難が出来るだろうか…
と、階段を下りながらいつも考えます。
降りていく途中、各フロアーから次々に避難する人達が合流してくるので、
通路では避難する人の渋滞が発生します。
こんな中でもし転んでしまったら…などと考えるととても不安になります。
訓練も回数を重ねると、なかなか実感が沸かなかったり、ただ参加している…
という状況になりがちですが、それでは訓練の意味が無いので、私は、
これが本当の災害時だったら…という事を自分の頭の中で想定しながら
参加するようにしています。
訓練の中には、避難時に有効的な動作の確認や、消火器の使用体験、
煙の中を歩く体験コーナー、AEDの使用説明などもあります。(写真参照)
また、参加者にはお水、乾パン、非常食用のパンやお菓子などの
配布もあります。

東海地区の東レ・東レグループのお仕事は、オフィスビル内だけではなく、
東レの工場内での勤務も多数あります。
東海5工場内(岡崎市、東海市、名古屋市港区・西区、岐阜県)でも定期的に
避難訓練や安全活動が行われており、就業中のスタッフの皆様にも訓練や
活動には積極的に参加頂き、ゼロ災や防災対策をしっかり行っています。
 

訓練の成果が発揮される状況にならない事が1番ですが、災害はいつ起こるかわかりません。
職場や地域でのこういった訓練には積極的に参加し、万が一の時のためにしっかり備えておきましょう。