東レ 基礎研究所 夏祭り

2017/08/18横浜

東レ 基礎研究所 夏祭り

こんにちは
東京本社・横浜オフィスでコーディネーターをしております田畑です。

8/9(水)に鎌倉にある東レ基礎研究センターにて、毎年恒例の「東レ 夏祭り」が開催されました。

鎌倉近辺にお住まいの方の中には、もしかしたら参加されたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。
そうなんです
この東レの夏祭りは、東レが基礎研究所内の敷地を一般開放し、地元の方々にも楽しんで頂けるよう、毎年企画運営されているお祭りなのです。

なんと今年で48回目の開催!歴史がありますね。

会場には櫓(やぐら)も組まれ、太鼓も設置。提灯もぶら下がり、まさに「夏祭り」ムード。
盆踊りタイムあり、ちびっこ向けの射的やくじ引きコーナーあり、
今年は物まね芸人さんのステージあり・・・(大黒摩季さん、とても似ていました

そしてなんといってもお祭りといえば「出店」が気になりますよね。
キンキンに冷えたビール、アツアツの焼き鳥、そしてから揚げ、かき氷・・・
どれも出店価格とは思えない、とても良心的な価格で頂けるのですが、
実はこの「出店」も全て東レで働く方たちが手分けして運営してくださっているのです。

もちろん、その中には東レエンタープライズの派遣スタッフさんもいらっしゃいます。
お仕事後にも関わらず、てきぱきと笑顔で対応してくださいました!

また、お子さんのいらっしゃる方はお子さんを連れて来られ、ご家族で参加という方も。
ちびっこたちは、広大な緑溢れる敷地内芝生をここぞとばかり駆け回って、大きな声で友達とはしゃいでいましたね
中には浴衣や甚平姿の可愛いちびっこもちらほら。
毎年このお祭りに参加させて頂くたびに
「本当に日本は少子化が進んでいるの?」と思ってしまうほど(笑)子どもたちがたくさん走り廻っています。

また、ご近所にお住まいなのでしょうか。お歳を召されたご夫婦も、笑顔でゆっくりと会場内を廻られていて、
年に一度のこのイベントを楽しみにされているようでした。

今と違い、もっと人と人の距離が近かった時代(私は昭和40年代生まれです)には、
こういった地域の交流の場がお祭り以外でも多くあった気がします。
最近はいろんな問題もあり、全て昔と同じようにはいかないこともありますが
この夏祭りのように、地域に密着し子どもからお年寄りまで楽しめるイベントは、大事にしていきたいものですね

ご準備に関わったみなさま、ほんとうにありがとうございました
また来年、楽しみにしております!

pagetop.png