エアーズロック(ウルル)

2017/11/02東京

エアーズロック(ウルル)

こんにちは、東京人材サービスの西尾です。

10月には2週連続で台風がきて、季節の変わり目を感じることなく寒くなりましたね。
インフルエンザも流行ってくる時期だと思いますが、皆さんご体調は如何でしょうか。
健康管理には十分お気をつけ下さいね。

さて今回私が触れるのは、世界遺産に関してです。
つい先日発表がありましたがエアーズロックが2年後の2019年10月26日から登山できなくなるみたいですね。
エアーズロックは本当に有名な世界遺産なのでご存知の方も多いと思います。
エアーズロックはアボリジニーの言葉でウルルと呼ばれていて、先住民の聖地です。
この岩のすごいところは一枚岩から成っていてそれが髙さ335メートル!
東京タワーよりも高いんですよね・・・世界最大規模の一枚岩です。

登山ができなくなる理由として、
アボリジニーは聖地でもあるウルルに登山する事を反対していたこともあり、
2016年4月の取り決めで登山したい観光客が20%を切れば登山禁止にすると決定してました。
年々登山者が少なくなり、近年20%を割ったので登山するのが禁止となったということらしいです。

ウルルの近くにカタ・ジュタという岩山群があり、そこも先住民の聖地となっています。
高さはウルルを越える546メートル!
その高さの岩が林立してるって本当にすごいですよね・・
ちなみにここには近くに「風の谷」と呼ばれる場所があるため、
宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」のモデルになったんじゃないかと言われています。

話は脱線してしまいましたが、現在世界遺産に登録されているところも
現地の政治的背景や治安、風化・老朽化などで訪れる事ができなくなる事もあるかもしれません。
チャンスがある時に思い切って行ってみる!というのはアリだと思います。

世界遺産巡りというわけではなくても趣味や好きな事を間に挟みながらメリハリをつけてお仕事をして下さいね。
仕事ばかりだと疲れちゃいますよね・・

pagetop.png