お仕事とライフプランについて

2018/10/05東京

お仕事とライフプランについて

皆様こんにちは
東京人材サービス部の熊谷です。

10月に入って早々台風がきて、真夏日になったと思えば
急に夜は冷えて何とも体調管理が難しい1年ですね。

今回のテーマはお仕事とライフプランという事でまずお話をしたいのが、
今年の2018年10月というのが派遣・人材業界は大きな節目の年となっております。
言いますのも、2015年9月30日に施行された法律により、同一の組織(例:課や部をイメージ)で
同一の方が派遣での就業ができるのが3年までという制限が加わりました。

この3年の期間制限制度の趣旨(狙い)は、派遣労働者が同じ組織で働ける期間を3年間とすることにより、派遣社員としての固定化(ずっと派遣社員になってしまい、正社員になれなくなってしまうこと)を防ぐ点にあります。
例えば、東京第一支店法人営業部第1課などに3年間しかいられないことにして、派遣労働者のジョブローテーションを促し、派遣労働者のキャリアアップを図り、直接雇用を含め、つきたい仕事につかせてあげること、を狙ったものです。

こちらの記事をご覧頂いている方の中には、派遣就業を続けていた職場での直接雇用に切り替わった方や、
雇用契約を結んでいる派遣会社と無期雇用契約の取り交わしをした方もいるのではないかと思いますが、
それらの選択をする事も含め、この3年の制限により今後のキャリアを考えるきっかけになっているのではないかと思います。

私も1度転職を経験したことがある身ではあるので、仕事が変わるという事は
生活が変わる事だと考えています。
生活とのバランスを考え、その中でどういった取捨選択をするのが一番良いのか、しっかり考えていくのが大切だと思います。

自分の事でありながら「今後何をしたい」、「今後どうなりたい」というのも考えてみると
意外と答えを出すのが難しかったりするので
是非、この記事に出会った機会に転職を考えていない方も含め、3年後、5年後、10年後の
ご自身のライフプランを考えてみてはいかがでしょうか?

ご家族や友人との相談も良いと思いますし、我々のようなエージェントを活用してみるのもオススメさせていただきます。
 
pagetop.png