いざというときの防災グッズ~女性編~

2019/09/10東京

いざというときの防災グッズ~女性編~

2019年の暑い暑い夏も終わり、9月になりました。
まだ少し残暑を感じる日々ではありますが、
日が短くなったのを感じる今日この頃です。

皆さま、お仕事毎日お疲れ様です!

さて、9月に入って早々東京は大型の台風15号に見舞われました。
朝の通勤に大きな混乱と影響が出たことは、皆さん記憶に新しいと思います。
9月は、台風や前線の影響により、大雨、洪水、暴風、高潮などの自然災害が起こりやすい季節です。

そこで!
今回は、「備えて安心!いざという時の為の防災グッズ~女性編~」をお届けします。
防災セットや防災グッズは、性別によって備えるものが異なります。

女性の場合、衛生面や防災対策、プライバシーに関するグッズを男性よりも充実させておくことが大切です。

「衛生用品と美容グッズはもっと備えておけば良かった」と
被災経験のある女性の多くが口にする言葉だそうです。
平時に備えるときは、あまり意識されない衛生用品や美容グッズですが、
実際に被災すると必要性の高さを実感する人も多いのです。


それでは、さっそく女性に必要な防災グッズリスト一覧をご紹介します!

・ 防災リュック(軽めのもの)
・ ホイッスル(防犯&救援要請用)
・ 簡易トイレ
・ 生理用ナプキン
・ 下着ライナー(下着の替えを減らせる為)
・ 防臭袋
・ ブラ付きインナー
・ 紙ショーツ
・ アルミブランケット(体全体が収まるサイズ)
・ マスク(粉塵対策、感染症予防、すっぴん隠し)
・ 水なしシャンプー
・ 歯磨きシート(水なしで使用できるものを備える)
・ ウェットティッシュ(ノンアルコール・無香料のもの)

下記は、性別に関わらず最低限必要な防災グッズです!

・ 保存水
・ 非常食
・ 充電器
・ タオル
・ レインコート
・ 現金
・ 顔写真つきの身分証明書のコピー


いかがでしたでしょうか?

備蓄用や持ち出し用(災害発生後1日間の為の備え)とでは、
数も変わってきますので、日頃からよくよく考えて備えておきましょう。

楽に備えができる方法としては、防災メーカーが販売する防災セットを購入し、
それに衛星用品や下着、などの女性ならではのグッズを買い足すのがベストだそうです。

そうすることで、信頼性が高く、使い勝手の良いオリジナルの防災セットが出来上がります。また価格もリーズナブルに抑えることができるようですよ!

いつ何が起こるかわからないので、こういう備えは大切ですよね。
【備えあれば患いなし】【明日は我が身】
起こってからでは遅いですよね。

日々安心安全で過ごせるよう防災グッズを備えていきましょう!